日本機械学会「機械遺産」  機械遺産 第6号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.6
ホンダCVCCエンジン
Honda CVCC Engine
 ホンダCVCCエンジンは、1970年代当時世界で最も厳しく、達成不可能とまで言われた米国マスキー法排出ガス規制を、世界で初めてクリアしたエンジンである、その功績により、米国自動車技術者協会(SAE)から20世紀優秀技術車(Best Engineered Car)に選出された。また、この技術が契機となり、多くの排出ガス低減技術が考案され、日本の排出ガス低減技術を世界のトップに引上げた歴史的な機械である。燃焼コンセプトは、副燃焼室と副燃焼室用バルブを持ち、燃料をとことん燃やし尽くす珍しいリーンバーンコンセプトで作られ、触媒を使用しなくても排出ガスが低減できるシステムであった。
《写真提供:株式会社本田技術研究所》
公開
ホンダコレクションホール
●開館時間: 9:30〜17:30(季節とイベントにより変動いたしますのでお問い合わせください)
●利用料: 無料(ツインリンクもてぎへ入場に際しては別途料金が必要です)
●利用できない日: HPをご参照ください
●住所: 〒321-3597
栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
ツインリンクもてぎ内
●電話番号: 0285-64-0341
●HPアドレス: http://www.honda.co.jp/collection-hall/
●交通機関: 真岡鉄道 茂木駅よりタクシーで10分

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2016, The Japan Society of Mechanical Engineers.