日本機械学会「機械遺産」  機械遺産 第7号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.7
民間航空機用FJR710ジェットエンジン
FJR710 Jet Engine
 FJR710エンジンは1971(昭和46)年、通商産業省工業技術院の大型プロジェクト「航空機用ジェットエンジンの研究開発」の下で開発された、わが国初の高バイパス比ターボファンエンジンである。
  この研究開発は、航空宇宙技術研究所(現宇宙航空研究開発機構)が要素研究、運転試験を担当し、石川島播磨重工業株式会社(現株式会社 IHI)、三菱重工業株式会社、川崎重工業株式会社の3社が設計試作を担当した。
このエンジンの高空性能試験が英国のNGTE(当時)で行われ、その高度な技術が認められ、国際共同開発エンジンV2500に繋がり、現在エアバスA320等に搭載されている。また本機も、航空宇宙技術研究所の短距離離着陸実験機「飛鳥」に搭載されるなど、わが国の民間航空エンジンの礎となったエンジンである。FJR710/600Sエンジンの主な仕様は、推力4.8ton、燃料消費率0.39kg/hr/kg、バイパス比6、全体圧力比19、質量1,080kgである。
《写真提供:独立行政法人 宇宙航空研究開発機構》
公開(事前予約)
独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
●開館時間: 10:00〜17:00
●入館料: 無料
●休館日: 土、日、祝日、年末年始
●住所: 〒182-8522
東京都調布市深大寺東町7-44-1
●電話番号: 0422-40-3961
●HPアドレス: http://fanfun.jaxa.jp/visit/chofu/
exhibition/exb-tenjishitsu.html
●交通機関: JR中央線吉祥寺駅南口下車バス8番(調布駅北口行き)「航研前」下車
※「機械遺産 FJR710」には専任の説明員は居ませんので見学のみ(説明無し)となります。ご了承ください。尚、展示室に同型エンジンのカットモデルがございます。

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2015, The Japan Society of Mechanical Engineers.