日本機械学会「機械遺産」  機械遺産 第8号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.8
ヤンマー小形横形
水冷ディーゼルエンジンHB形

YANMAR Small Horizontal Diesel Engine, Model HB
 ヤンマー小形横形水冷ディーゼルエンジン「HB形」は、当社が世界で初めてディーゼルエンジンの小形実用化に成功したモデルである。
  1930(昭和5)年当時、小形の内燃機関は石油発動機が全盛であったが、当社創業者である山岡孫吉はドイツ・ライプチヒの見本市で見たディーゼルエンジンのもつ優れた省エネ性・安全性に心を奪われ、小形ディーゼルエンジンの開発に邁進した。小形化ゆえの技術的課題を克服し、1933(昭和8)年12月、世界に類を見ない小形ディーゼルエンジンの実用化に成功した。「HB形」の開発以降、当社はさらなる小形化を進め、1956(昭和31)年「K1形」が当時世界最小のディーゼルエンジンとしてディーゼルエンジン発祥の地であるドイツ博物館(ミュンヘン市)に寄贈されるまでになった。
  小形化されたディーゼルエンジンは、農業をはじめ各種産業における動力源として幅広く採用され、わが国はもとより世界各国の機械化・近代化に貢献することとなった。
《写真提供:ヤンマー株式会社》
公開
ヤンマーミュージアム
●利用時間: 10:00〜18:00(入館受付は17:00まで)
●利用料: 一般600円、中・小学生300円、
未就学児無料(HB型を展示している山岡孫吉記念室のみの見学は無料)
●利用できない日: 毎週月曜日 (月曜日が祝日や振替休日の場合は翌日)
●住所: 〒526-0055
滋賀県長浜市三和町6-50
●電話番号: 0749-82-8887
●HPアドレス: http://www.yanmar.co.jp/museum/
●交通機関: JR北陸本線長浜駅から徒歩約10分
(土日は駅よりシャトルバス運行)
北陸自動車道長浜I.C.より車で約10分

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2015, The Japan Society of Mechanical Engineers.