日本機械学会「機械遺産」  機械遺産 第11号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.11
東海道新幹線0系電動客車
0-Series Tokaido-Shinkansen Electric Multiple Units
 1964(昭和39)年10月1日、東海道新幹線が開通した。日本では1872(明治5)年の開業以来、軌間を1,067mmとして鉄道建設を進めてきたが、東海道新幹線は輸送力の増強のため別線で建設し、標準軌(1,435mm)を採用することで、高速での安定走行を実現した。また、新たな信号システムの開発や踏切をなくすなど、従来の鉄道技術を一新するものであった。
  0系新幹線電車の最高速度は当時の粘着鉄道の限界とされた210km/hで、「SHINKANSEN」という言葉が世界的に通用するほど注目をあつめ、鉄道高速化のさきがけとなった。
  新幹線はその後も全国に路線を延ばし、「安全、高速、大量輸送」運転につとめ、日本の基幹交通として大きな影響と役割を果たしている。
  交通科学博物館で保存展示されている0系新幹線電車4両は各形式の1号車で、1978(昭和53)年3月の引退までに約600万キロメートルを走行している。
《写真提供:西日本旅客鉄道株式会社》
非公開
交通科学博物館
●開館時間: 10:00〜17:00
●利用料: 大人400円 小人100円
●利用できない日: 毎週月曜日(祝日・学校の春休み・夏休みは開館)、年末年始(12月29日〜1月2日)
●住所: 〒552-0001
大阪府大阪市港区波除3(弁天町駅前)
●電話番号: 06-6581-5771
●HPアドレス: http://www.mtm.or.jp
●交通機関: JR大阪環状線弁天町駅・大阪市営地下鉄東西線弁天町駅下車すぐ

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2015, The Japan Society of Mechanical Engineers.