日本機械学会「機械遺産」 機械遺産 第54号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.54
卓上複写機リコピー101
Ricopy101(Desktop Copier)
卓上複写機リコピー101
 リコピー101は、理研光学工業(現リコー)が1955(昭和30)年に発売した、わが国初の露光・現像一体の卓上型ジアゾ湿式複写機である。同時期に開発されたジアゾ感光紙により、現像後の水洗いが不要となり、無水・無臭の露光・現像を実現した画期的事務用機械であった。
 露光・現像・紙送りなどに独創的な機構をもち、特に実用新案の現像装置は、紙送りローラーに溝を付け、それにローラーより径の大きいリングを取り付けて、このリングで挟んで現像で湿った紙を引き出すため、ローラーに巻き付くことなく、皺(しわ)やカールを作らずに送ることができた。
 リコピー101により、事務文書や伝票の複写が机上で手軽にできるようになり、事務作業の合理化・機械化(OA化)の先駆となっただけでなく、複写誤差が生じないため、後に図面の複写機としても発展した。リコーのジアゾ複写機の生産台数は後継機を含め100万台を超え、「リコピー」が複写の代名詞となるほど普及した。

《写真提供:株式会社リコー》

公開(事前予約要)
(株)リコー テクノロジーセンター
●開館時間: 10:00〜17:00(入館は16:00まで)
●利用料: 無料
●利用できない日: 土、日、祝祭日、年末年始、お盆など(事前にご確認下さい)
●住所: 〒243-0460 
神奈川県海老名市下今泉810
●電話番号
(公開施設):
046-236-2400
●HPアドレス: https://www.ricoh.co.jp/about/
company/directory/research_dev/
tech.html
●交通機関: 相鉄線海老名駅西口、小田急線海老名駅西口から徒歩10分、JR相模線海老名駅西口から徒歩7分
※小田急線・相鉄線をご利用の方は、
   JR相模線方面へ向かってください。

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2015, The Japan Society of Mechanical Engineers.