日本機械学会「機械遺産」 機械遺産 第72号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.72
「ミカサ」のオートマチック・トランスミッション
日本のAT車ここにはじまる

Automatic Transmission of "MIKASA"
「ミカサ」のオートマチック・トランスミッション−日本のAT車ここにはじまる−
 本装置は、国産初のトルクコンバーター(流体変速機)を採用した四輪自動車として、1957(昭和32)年に発表された「ミカサ」に搭載されたオートマチック・トランスミッション(自動変速機)である。本装置は、(株)岡村製作所が1951(昭和26)年に開発に成功したトルクコンバーターとトランスミッションからなり、さらに、2気筒の水平対向エンジンと一体化されて、1つのパワーユニットを形成している。現在は、「ミカサ(ミカサツーリング)」に搭載された形で原形保存されている。この認定対象のシステムの外に、パワーユニット部だけを取り出して、カット模型化されたものが併せて“オカムラいすの博物館”に展示されている。本装置の搭載車である「ミカサ」は、延べ五百数十台が生産された。
 同社の自動車生産部門はその後廃止され、自社自動車用としてのトルクコンバーター生産は行われなくなったが、現在でも、同社内にはトルクコンバーターの開発及び製造部門があり、フォークリフトなどの特殊車両用のトルクコンバーターを生産している。培われた技術は、絶えることなく今に引き継がれている。

《写真提供:株式会社岡村製作所》

公開(事前予約要)

オカムラいすの博物館
●開館時間: 9:00〜17:00 (※前日の午前中までに予約)
●利用料: 無料
●利用できない日:

土、日、祝日

●住所: 〒100-0014 
東京都千代田区永田町2-13-2
●電話番号: 03-3593-6195
●HPアドレス: http://www.okamura.co.jp/
company/museum/index.html
●交通機関: 東京メトロ銀座線・丸ノ内線
「赤坂見附駅」から徒歩5分

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2015, The Japan Society of Mechanical Engineers.