日本機械学会は2007年6月に創立110周年を迎えました。その記念事業の一環として、歴史に残る機械技術関連遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的に、日本国内の機械技術面で歴史的意義のある「機械遺産」(Mechanical Engineering Heritage)を認定することにいたしました。

 「機械遺産」の認定は、本会の行う重要な事業として、今後も継続致しますので機械遺産について、当ホームページをご覧になった皆様には、ぜひ一度現地を訪問され、「機械遺産」をご自身の目でご覧頂きたく、あわせて今後の「機械遺産」認定に対し、ご理解とご支援を重ねてお願い申し上げる次第です。
日本機械学会
■機械遺産パンフレット *発行時の情報の為、一部古い情報がございます。
 2015年認定:7件(No.70-76)
 2014年認定:8件(No.62-69)
 2013年認定:6件(No.56-61)
 2012年認定:5件(No.51-55)
 2011年認定:7件(No.44-50)
 2010年認定:6件(No.38-43)
 2009年認定:6件(No.32-37)
 2008年認定:6件(No.26-31)
 2007年認定:25件(No.1-25)

■機械遺産の時代区分リスト:PDFファイル
■これまでの報道リスト:PDFファイル

16/07/25
2016年度機械遺産を認定致します

15/08/07
2015年度機械遺産を認定致しました

14/08/07
2014年度機械遺産を認定致しました

13/08/07
2013年度機械遺産を認定致しました

12/08/07
2012年度機械遺産を認定致しました

11/08/07
2011年度機械遺産を認定致しました

10/08/07
2010年度機械遺産を認定致しました

09/08/07
2009年度機械遺産を認定致しました




 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2016, The Japan Society of Mechanical Engineers.