一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

検索 : " 💯 Order Ivermectin 12mg 🔷 www.Ivermectin-6mg.com 🔷 Buy Stromectol 6mg Usa 🐋 Buy Ivermectin For Humans Online Usa , Ivermectin 3 Mg"

特集によせて

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-04/

昨今のビッグデータ時代の到来と計算機の発展を背景に、工学分野におけるさまざまな問題に対する予測、評価、最適化、設計支援に向けて機械学習が導入されています。データを扱う分野は統計学、最適化、機械学習など各種ありますが、重複する領域もあれば、独立した領域も存在し、それぞれの特徴を把握…Read More

機械学習による流体解析

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-06/

はじめに 流体は、高次元性、非線形性、マルチスケール性、および乱流などの特性により極めて複雑な運動を示す。流体運動は自由度が高く、流れの解析には時間と空間の両方を可能な限り高い解像度で捉える数値計算および実験手法が必要になる。近年の数値計算と実験手法の飛躍的な進歩が複雑な流れ運動…Read More

機械学習の乱流への応用

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-10/

はじめに 現在は第3次人工知能ブームと言われており、これに伴い、ここ数年、世界中で機械学習技術を力学系に応用する試みが数多く行われている。筆者のグループでも科研費基盤A「機械学習による乱流ビッグデータの特徴抽出手法の構築」(2018~2020年度、課題番号18H03758)の補助…Read More

機械学習を用いた超狭帯域熱ふく射メタマテリアルの開発

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-14/

はじめに 熱ふく射は光(電磁波)であり、特に物質の内部エネルギーに応じて放射される光が熱ふく射である。つまり1 Kでも温度を持つ物質ならば、必ず僅かながらでも電磁波を放射している。機械工学の分野では、「ふく射伝熱」という伝熱研究分野の一つとして、長らく研究が行われてきた(1)。し…Read More

伝熱マテリアルズ・インフォマティクス

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-18/

はじめに 古くより、材料開発は研究者の直感と経験に基づいて実験的に材料を合成・評価する試行錯誤を中心として進められてきた。近年では、計算機性能の向上により実験パラメータを不要とする第一原理計算に基づくシミュレーションを用いた理論的な材料評価が行われている他、一度に大量の材料を評価…Read More

機械学習の燃焼流への応用

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-22/

はじめに 燃焼流は、反応物質の拡散と混合、化学反応による急激な発熱、乱流運動による対流が相互に作用し合う複雑な強非線形非平衡系であり、多様な時空ダイナミクスの創発と自己組織化が生じる。そのため、複雑系科学は燃焼流の時空ダイナミクスの基礎的解明において重要となる。近年、複雑な非線形…Read More

データ駆動型アプローチによる燃焼ダイナミクスの解析

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-26/

はじめに 非線形現象と燃焼解析 燃焼現象は流体力学、物理化学および化学反応がカップリングした複雑な現象である。多くの化学種を含み、非線形の流体力学と化学反応が複雑に相互作用し、高速から低速の反応時間、乱流のコルモゴロフスケールからエネルギー保有渦のスケールまで非常に広い時空間スケ…Read More

第7回 一自由度系の強制振動(減衰の影響)

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-30/

1. はじめに 本稿では,一自由度系の強制振動に減衰が及ぼす影響について説明する。   2. 周期的に変動する外力が作用する場合 振動系に作用する外力の振動数が固有振動数に近づくと振幅が非常に大きくなる共振現象に着目し,強制振動に減衰が及ぼす影響を最も簡単な一自由度系を…Read More

第7回 橋梁リハビリテーション

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-32/

技術開発の経験を語る 橋梁リハビリテーションとの出会い P.Choate & S.Walter氏が著書「America in ruins」において米国の社会資本老朽化が深刻であることを指摘、とりわけ橋梁において落橋事故が発生して市民生活を脅かしていることに警告を発したのは…Read More

コロナ禍における研究所運営

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-36/

Withコロナのノウハウ-研究機関編- 職員の安全確保が最優先 感染防止に努め勤務形態が激変 電力中央研究所(以下、電中研)において、新型コロナウイルスへの危機管理に関して最初に所内周知されたのは、2020年2月中旬であった。本稿を執筆している2021年5月(以下、現時点)に至る…Read More

論文アクセスランキング 日本機械学会学術誌(英文) 年間アクセス数トップ10

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-38/

(2020年1月~2020年12月の期間で集計) *順位の変動は2019年7月~2020年6月の期間との比較 Large eddy simulation with modeled wall-stress: recent progress and future directions…Read More

“ なぜだろう” の積み重ね

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-40/

  2020年度 日本機械学会賞(論文) 「Brick model for nonlinear deformation and microcracking in thermal barrier coating」 米道 英音、香取 宏明、荒井 正行、伊藤 潔洋、水津 竜夫…Read More

ものづくりを取り巻く環境とデジタルツイン活用の議論

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-04/

はじめに 少子高齢化への対策、持続可能・循環型社会の実現など待ったなしの構造転換の必要性が世に叫ばれて久しい。加えて昨今は、新型コロナウイルスの蔓延が世の中のあり方をいとも簡単に覆したことを背景として、DXの浸透やリスク管理などに見られる価値観の転換も進みつつある。 上述の外的要…Read More

デジタルツインの捉え方ー シミュレーションからデジタルツインへ ー

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-06/

はじめに デジタル革新技術の一つにデジタルツインが挙げられる。デジタルツインとは、フィジカル空間(現実の世界)の実像とサイバー空間(計算機内の世界)の虚像が“双子”の関係にあることを意味し、現実の世界で生じる現象を計算機内の世界で再現することを指す。これまでのシミュレーションとの…Read More

加工におけるCAEとAIの使いこなし

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-10/

はじめに ものづくりにおけるデジタルツインでは、実空間(物理空間)と計算機内の仮想空間との同時運用により、作業や工程の改善や効率化が期待されている。これまでの製造現場では、試し加工を通じてプロセスの最適化、または、加工仕様を満足し得る作業や工程が検討されてきた。このようなものづく…Read More

計測とデジタルツインの関係から探る将来像

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-14/

はじめに デジタルツインと計測とは切っても切れない関係にある。これは、デジタルツインが単なるシミュレーションとは異なり、現実との同期をその要件とするからである。デジタルツインにおいては、モデルを用いたシミュレーションと計測がお互いの欠点を補うことで、現象の詳細な理解やその制御を可…Read More

工作機械におけるデジタルツインの活用

https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-18/

はじめに コロナ禍で予測が困難な事業環境の変化によって顧客ニーズも激しく変化する時代となり、多品種少量品を大量生産並みの生産性で製造するマスカスタマイゼーションの要求がよりいっそう高まっている。加えてコロナ禍におけるものづくりの現場では、引退する熟練作業者の増加や、感染リスクの低…Read More