No. 97-205 創立100周年記念
バイオエンジニアリング部門国際会議
−21世紀に向けての展望と発展
International Conference on New Frontiers in Biomechanical Engineering


主催 本会バイオエンジニアリング部門  
共催 日本バイオメカニクス研究連絡協議会
開催日
1997年7月18日(金),19日(土)

会 場
東京国際フォーラム
〔東京都千代田区丸の内3-5-1,有楽町駅前〕

開催趣旨
 近年の機械工学は研究分野を積極的に開拓し,新しい科学技術の創生に大きな役割を演じている.なかでも,機械工学の手法を用いて生物や医学の問題を解決することを目的としてスタートしたバイオエンジニアリングは,目覚ましい進歩を遂げている.最近では本領域における研究成果により,生物の機能が分子レベルや細胞レベルから,個体レベルまで明らかにされつつあると同時に,生物に学んだ知識を工学に応用する試みも大きく拡がっている.本会議では,そのような研究の発展と近年の状況を踏まえて,この領域における基礎研究から応用研究に至る最先端の研究の成果を発表し,議論を行う.
 100年という機械学会の歴史から考えると,本部門はまだ若い.しかし,生体に関する関心は古今を問わず誰もが持つものであり,今後21世紀に向けて,生物機械工学に関係する諸問題の解決にさらに大きな関心と期待が寄せられるはずである.本会議はそのような時代の要求に応えるべく,本部門が腕によりをかけて企画する国際会議である.

会議日程
18日(金) 参加登録,招待講演,研究発表
19日(土) 招待講演,研究発表,レセプション

研究発表分野
Cellular and Molecular Engineering, Biotribology, Musculoskeletal Engineering, Biofluid Engineering, Bioheat Transfer, Advanced Medical Technology, Medical and Health Care Engineering, Biomaterials and Medical Device, Advances in Total Joint System, Biomechanical Technology, Neural and Sensing System, Biomedical Robotics, Biomedical Micromachine, Impact Bioengineering

研究発表論文数
上記分野に関する論文120件(国内100,国外20件)

招待講演者
Dr. K. Affeld(Humboldt University of Berlin, Germany)
Dr. K-N An(Mayo Clinic, USA)
Prof. J.C. Chato(University of Illinois at Urbana-Champaign, USA)
Prof. D. Dowson(The University of Leeds, UK)
Dr. J. CH Goh(National University of Singapore, Singapore)
Prof. J. Kajzer(Nagoya University, Japan)
Prof. R. Kamm(MIT, USA)
Prof. W.M. Lai(Columbia University, USA)
Prof. Dr. -Ing. D. Liepsch(Fachhochschule Muenchen, Germany)
Prof. L.V. McIntire(Rice University, USA)
Prof. J-J. Meister(Swiss Federal Institute of Technology in Lausanne(EPFL), Switzerland)
Prof. Van C. Mow(Columbia University, USA)
Dr. R.M. Nerem(Georgia Institute of Technology, USA)
Mr. G. Panol(The Mlton S. Hershey Medical Center, USA)
Prof. T.J. Pedley(Cambridge University, UK)
Prof. P.D. Richardson(Brown University, USA)
Prof. B. Rubinsky(University of California at Berkeley, USA)
Prof. T. Sasada(Chiba Institute of Technology, Japan)
Dr. N. Stergiopulos(Swiss Federal Institute of Technology in Lausanne(EPFL), Switzerland)
Dr. T. Tateishi(National Institute for Advanced Interdisciplinary Research, Japan)

参加登録費
会員 30 000円(1997.5.31まで),40 000円(1997.6.1以降)
(本会および共催団体会員以外の方は20 000円高となります)
学生 15 000円 レセプション 5 000円

詳細問合せ先
谷下一夫:慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科
〒223 横浜市港北区日吉3-14-1
電話(045)563-1141 内3116
FAX(045)563-5943
E-mail bioeng@tani.mech.keio.ac.jp
tanishi@tani.mech.keio.ac.jp
佐藤正明:東北大学工学研究科機械電子工学専攻
〒989-32 仙台市青葉区荒巻字青葉
電話(022)217-6942
FAX(022)217-6943
E-mail:sato@biomech. mech. tohoku. ac. jp
藤江裕道:大阪大学基礎工学部機械工学科
〒560 豊中市待兼山町1-3
電話(06)850-6172
FAX(06)850-6212
E-mail:jared@me.es.osaka-u.ac.jp

All Rights Reserved, Copyright (C) 1997, The Japan Society of Mechanical Engineers. Bioengineering Division