一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第28回スペース・エンジニアリング・コンファレンス [SEC’19] (The Space Engineering Conference)

2019年12月19日 - 2019年12月20日 | 宇宙工学部門International講演会No.19-344

(宇宙工学部門企画:No.19-344)

共催(予定) 大学宇宙工学コンソーシアム

協賛(予定) 日本航空宇宙学会,とっとりコンベンションビューロー

後援(予定) 宇宙航空研究開発機構

協力     ALSS研究会

 

【趣旨】

世界初の人工衛星打ち上げからおよそ半世紀に亘り,宇宙開発は目覚ましく進んでいます.H-IIA, H-IIBロケットに加えてイプシロ

ンロケットの登場,民間企業単独によるロケット打上げ成功,衛星も近年のGCOM-C(しきさい),SLATS(つばめ),ERG(あら

せ)をはじめとして数多く打ち上げられています.

また,H-IIA相乗りに加えて国際宇宙ステーションからの放出など超小型衛星の打ち上げ機会が増えてきており,さらに大学主導の

ロケット打ち上げ実験も数多く開催されています.スペース・エンジニアリング・コンファレンス(SEC)は宇宙工学とそれに関連

した幅広い分野の講演や議論を通じて,宇宙工学の発展に寄与して行くことを目指しています.

この機会を通じて,大学等における基礎研究から宇宙機システムの開発・運用に至るまでの技術交流の場としてご活用頂きたく,

多くの方々のご参加をお願い申し上げます.詳細や最新情報は以下のホームページでご確認ください.

 

日本機械学会宇宙工学部門    〔http://www.jsme.or.jp/sed/

 

【開催日】

2019年12月19日(木),20日(金)

 

【講演発表募集内容】

宇宙システムに関する要素技術研究から,設計・開発・運用,またはそれらを統括するプロジェクト・マネージメントなどのテーマ

を中心に宇宙工学に関わる様々な研究についての講演発表を幅広く募集します.

 

【講演発表募集要項】

  1. 第28回スペース・エンジニアリング・コンファレンス〔SEC’19〕におけるご講演者は「日本機械学会の個人会員(正員,または学生員)」である必要があります. ただし,下記の協賛団体(現在依頼中)の会員については,本会との相互性を有するため,本会会員と同様に講演発表が可能です.
    ・日本航空宇宙学会
  2.  発表形式は口頭発表で,使用言語は日本語または英語です.
  3.  講演発表時間は質疑応答含み,20分程度を予定.
  4.  講演会前にご提出いただく原稿はアブストラクトA4、1枚とし(執筆要領と提出締切日は後述)を講演論文集として冊子にて発行します.なお,宇宙工学部門では優秀なプレゼンテーションを行った学生に若手優秀講演賞を授与しています.本賞へのエントリーを希望する発表者は,上記のアブストラクトとは別に審査用の原稿を従来と同じ書式(執筆要領は後述)にて提出してください。本原稿は審査のための原稿であるため,講演論文集には含まれずJ-STAGEにも掲載されません.
  5.  講演発表の際の使用機器は,原則として液晶プロジェクタです.標準コネクタは用意しておりますので,パソコン等はご持参下さい.セッション開始前に接続テストをお願いします.
  6.  研究発表の採否につきましては,決定次第ご連絡いたします.採否・プログラム構成は,オーガナイザおよび部門運営委員にご一任願います.
  7.  本講演会での研究発表は日本機械学会宇宙工学部門優秀学生講演賞の選考対象となります.

 

◆発表資格について

2017年4月以降の講演会より,日本機械学会における講演発表資格が変更となりましたのでご注意ください.

詳しくはこちら https://www.jsme.or.jp/kaihi/minaoshi/kanren.html

 

第28回スペース・エンジニアリング・コンファレンス〔SEC’19〕におけるご講演者は「日本機械学会の個人会員(正員,または

学生員)」である必要があります.本会の会員ではない方でご講演を希望される場合は,まず入会手続きをお済ませ下さい.

入会申込はこちらから

個人会員(正員・学生員)

 

8ケタの仮番号を発行いたします.仮番号のままでは原稿提出が出来ませんので,後日案内に従って送金を済ませていただき,

正式な会員番号の取得をお願いいたします.

講演申込には,以下の2つが必要となりますので,予めご確認の上お申し込みください.

 

1.日本機械学会の「個人会員(正員,または学生員)」の会員番号(7ケタ),もしくは「仮登録番号」(8ケタ)

2.講演発表者(登壇者)の生年月日

 

ただし,下記の協賛団体(現在依頼中)の会員については,本会との相互性を有するため,本会会員と同様に講演発表が可能です.

・日本航空宇宙学会

 

【原稿執筆要領】

本会ホームページより,アブストラクト集用原稿テンプレート(word) ( https://www.jsme.or.jp/sed/sec/2019template_1P.docx )を

ダウンロードし,記載の原稿執筆の手引き等をご確認の上,原稿の作成をお願いいたします.

下記の原稿提出締切日までに,PDFファイルを本会宇宙工学部門担当宛E-mailにてご提出下さい.

なお,若手優秀講演賞にエントリーを希望する著者は審査用の原稿テンプレート(word)https://www.jsme.or.jp/sed/sec/template_SEC19.docx )をダウンロードし作成の上,アブストラクト集用原稿テンプレートと

ともにPDFファイルを本会宇宙工学部門担当宛E-mailにてご提出下さい.

 

↓開催地鳥取の観光情報はこちら!↓

会場
公立学校共済組合鳥取宿泊所 白兎会館(鳥取市末広温泉町556)
会場URL
https://www.hakutokaikan.com/
申し込み先

【講演発表申込方法】

SEC’19にて講演発表を希望する方は、http://www.jsme.or.jp/sed/sec/conpropSEC19.docより「研究発表申込書」をダウンロードして頂き,必要事項を記入の上,下記本会宇宙工学部門宛にE-mailにてお申し込みください.

 

【講演申込み・原稿提出先】

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階

(一社)日本機械学会 宇宙工学部門(担当 渡邊 賢太)

電話(03)5360-3504/FAX(03)5360-3507

E-mail: watanabe@jsme.or.jp

問い合わせ先

【講演に関する問合せ先】

〒680-8552 鳥取市湖山町南4-101

鳥取大学工学部 機械物理系学科

岩佐 貴史

電話(0857)31-5720 ex. 4122

E-mail: iwasa@tottori-u.ac.jp

関連サイト
http://www.jsme.or.jp/sed/
講演申込締切
2019年9月30日
原稿提出締切日
2019年10月31日

イベント一覧へ