一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

エンジン開発を支える計測技術

2020年1月17日 | エンジンシステム部門講習会No.19-378

【企画】一般社団法人日本機械学会 エンジンシステム部門

【共催】岐阜大学

【協賛(予定)】日本燃焼学会,自動車技術会,日本内燃機関連合会,日本マリンエンジニアリング学会

 

【趣旨】

エンジン開発において,近年ではCAEによるモデリングが大きく取り入れられているが,信頼のおけるモデル開発には,最新技術による計測手法の発展が不可欠である.本講習会では,エンジン開発に密接に関連した物理量の計測技術の解説,および最新技術の紹介と今後の展望に関しての話題を一堂に集め,エンジンの現象解明に必要な情報とは何か,ということに関する多角的な議論と情報交換の場とする.

本講習会では,最新の光学的計測法をはじめ,各分野の専門の先生方に,エンジン開発に関連する計測技術に関して,これまでの経緯や最新の研究成果を交えて紹介していただきます.広い視点から研究者・技術者間で知見を共有でき,最新の技術動向に関して総合的に学ぶことが出来る良い機会ですので,ぜひご参加下さい.

 

【題目・講師】

【午前の部】

10.30‐10.35/開会挨拶

10.35‐11.35/高速度IRカメラによる低温酸化反応計測

講師 岐阜大学 高橋 周平

11.40‐12.40/1μm以下の水蒸気から近赤外放射を利用した火炎温度測定

講師 東京大学 中谷 辰爾

(12.40 – 13.30 休憩)

【午後の部】

13.30‐14.30/エンジン熱効率改善に向けた計測解析事例の紹介

講師 株式会社SOKEN 河野 正顕

14.40‐15.40/航空・宇宙用エンジン開発における非接触計測技術

講師 株式会社IHI 長尾 隆央

15.50‐16.50/紫外・可視・赤外高速度撮影によるディーゼル燃焼及び壁面冷却損失の可視化技術

講師 明治大学 相澤 哲哉

16.50‐17.00/閉会挨拶

 

【定員】 50名,申込先着順により,定員になり次第締切ります.

 

【教材】 講習会に参加されず教材のみご希望の方は1冊につき会員3,000円, 会員外5,000円.教材のみを

入手ご希望の方はこちらよりお申込み下さい.

会場
岐阜大学サテライトキャンパス 岐阜市吉野町6-31岐阜スカイウイング37東棟4階
会場URL
https://www1.gifu-u.ac.jp/~gifu_sc/src/access.html
参加登録費

本会正員・協賛団体正会員 16,000円,博士後期課程在学中の本会正員【※1】 6,000円,

学生員で入会後、正員継続3年以内の本会正員【※2】 6,000円,会員外 27,000円,本会学生員・協賛団体学生員 6,000円,一般学生 9,000円.いずれも教材1冊分の代金を含みます.記載の価格は消費税込みです.

【注意】【※1】及び【※2】の対象者は、申し込み先より手続きする際に以下の対応が必要です。

【※1】正員にチェックし、「博士後期課程在学中」と通信欄に入力の上お申し込み下さい。

【※2】正員(学生員から正員への継続特典対象者)にチェックし、「卒業年と卒業された学校名」を通信欄に入力しお申し込み下さい。

申し込み先

本会ホームページより1月15日までにお申し込み下さい.当講習会では当日会場で聴講料をお支払い頂くことはできません.請求書を発行致しますので、お申込み時に請求宛名をご入力願います.お支払い期日は2020年2月28日とさせて頂きます.1月15日を過ぎてお申込みをご希望の場合には、事前に担当者までお問い合わせ下さい.【注1】入金後はキャンセルのお申し出がありましても聴講料は返金できませんのでご注意願います.【注2】当講習会では聴講券(兼領収書)は発行致しません.銀行振込の払込票等をもって領収書に代えさせて頂きます.本会所定の領収書がご入用の場合には http://www.jsme.or.jp/japanese/contents/02/receipt.html をご参照の上,別途お申し込み下さい.【注3】当日は,お申込み時の自動返信メールを印刷の上,会場受付までお持ち下さい.

問い合わせ先

一般社団法人 日本機械学会(担当職員 総務G大竹)電話(03)5360-3500 Email: otake@jsme.or.jp

申込締切
2020年1月15日

イベント一覧へ