Menu

産業・化学機械と安全部門

イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

No.21-12 市民フォーラム – HACCPシステムと労働安全を考慮した機械設備

2021年3月6日 2:00 PM - 4:30 PM

企画 産業・化学機械と安全部門 食の安全委員会
開催日 2021年3月6日(土曜日)14:00~16:30
開催方法 Zoomウェビナーによるオンラインセミナー
主旨 2020年6月、改正食品衛生法が施行され、我が国の食品産業界においてHACCPによる衛生管理が制度化されました。同システムは食品製造現場だけの取り組みではなく、同システムを構築するためには、全フードチェーンに渡る「前提条件プログラム(PRP)」の適用が不可欠であり、PRPには食料品加工機械の衛生設計も含まれます。

そのため食品機械の衛生設計に対する関心が高まっていますが、関連するJIS/ISOが参照されることは極めて少ないのが現状です。

また、食料品加工機械は衛生設計と共に労働安全設計も併せて考慮しなければならないことが、他の産業機械と異なる最大の特徴といえます。そして衛生設計と労働安全設計の保護方策は、時として相反することが、食料品加工機械の適切な設計を困難とする大きな課題の一つとなっています。

以上の課題に焦点をあて、今年の市民フォーラムは、PRPとしての衛生設計と、労働安全設計を包括した設計手法を定める食品機械JISを紹介すると共に、労働安全と衛生安全の両立を考慮した食料品加工機械の調達に関する事例を紹介します。奮ってご参加ください。

プログラム 14:00~14:05 開会挨拶

14:05~15:05 講演1  「PRPの一例としての食品機械JISの紹介」

一般社団法人日本食品機械工業会  部長  大村 宏之

15:05~15:10 質疑応答

15:10~15:20 休憩

15:20~16:20 講演2  「新規機械設備を導入する際に考慮する安全面と衛生面の考え方」

キユーピー株式会社  安全担当  野呂 武史

16:20~16:25 質疑応答

16:25~16:30 閉会

定員 90名
参加費 無料
申込方法 以下URLより2月26日(金曜日)までにお申込み下さい。ご登録のメールアドレスへ本セミナー参加のためのURLを開催日前までに通知いたします。

https://forms.gle/nC5WXkPvrZWAzzjh9

問合せ先 〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階

日本機械学会(担当職員 滝本真也)電話(03)-5360-3510

E-mail: takimoto@jsme.or.jp

報告書 21-12_2020年度 市民フォーラム開催報告書

詳細

日付:
2021年3月6日
時間:
2:00 PM - 4:30 PM
イベントカテゴリー:

会場

Zoomによるネット会議

主催者

産業・化学機械と安全部門