トップページ English 事務連絡先 サイトマップ

研究会

◆「セーフティおよびセキュリティソリューション研究会(略称:S2-sci研究会)

S2-sci研究会

製造業のトレンドにおいて良く聞かれるIoTなどの手段やIndustry4.0などの目標は、要約すれば、製造業を変革して「良いものを・安く・早く」提供することである。従来と何ら変わりない当たり前のことではあるが、コンピューティングパワーとブロードバンドの革新によって、第4次産業革命と呼べるほどの進化が、この先10年くらいの間に引き起こされる。その目的は、「超スマート社会で人々に豊かさをもたらす=Society5.0」ことであり、我が国では、「人を中心としたつながり=Connected Industries」で、MONODZUKURI付加価値の向上を目指している。日米欧それぞれ表現は異なるが、目指す方向は同じと言える。 しかしながら、何れの概念にも「SafetyとSecurity」が明確には示されておらず、先ずは機能・性能・価格が優先されている、と言わざるを得ない。 そこで、当部門ではリスクアセスメントのフロントローディングによる究極の「安全・安心社会の実現」に向けて、機械・人・組織・社会などの複雑なエコシステムに対する、「安全・安心ソリューションモデル理論の構築」に向けた有志のブレインストーミングを実施し、S2-sci研究会を発足することとした。 関係各位にとって、最新理論・技術に触れるまたとない機会である。奮ってのご参加をお願いする。

設立趣意書

今後の予定(2017)

次回開催案内

決まり次第、ご案内致します。

現在までに設立した研究会の活動報告を以下に示します。
  • 「安全安心社会の為のSafety Service Engineering」(SSE)研究会
  • 安全と標準・認証研究会
  • 化学プラントの信頼性・安全性研究会
  • ◆「安全安心社会の為のSafety Service Engineering」(SSE)研究会

    活動報告

    2012.01.17(火)
    第17回報告書
    2011.11.05(土)
    第16回報告書
    2011.08.08(月)
    第15回報告書
    第14回報告書(ものづくりと安全知の発信)
    安全工学シンポジウム2011 PD-3案内
    2011.06.23(木)
    第13回報告書
    第12回報告書
    2011.05.12(木)
    第11回報告書
    2011.01.27(木)
    第10回報告書
    2010.11.29(月)
    第9回報告書
    2010.11.08(月)
    第8回報告書
    2010.11.08(月)
    第7回報告書
    2010.09.30(木)
    第6回報告書
    2010.08.25(水)
    第5回報告書
    2010.07.08(木)
    第4回報告書
    2010.06.10(木)
    第3回報告書
    2010.05.11(火)
    第2回報告書
    2010.04.09(金)
    第1回報告書

    ◆安全と標準・認証研究会

    活動報告

    ◆化学プラントの信頼性・安全性研究会

    活動報告

    2002年度
    2002年度  活動報告(ニュースレター No. 18より)

    バナー広告のご案内
    当部門では、この度、ホームページにおけるバナー広告を募集する事と致しました。
    本バナー広告概略, お申込み方法, 料金等、お問い合わせは, 下記事務局担当者宛までお願い致します。
    一般社団法人 日本機械学会 産業・化学機械と安全 部門 担当 櫻井 恭子
    電話:03-5360-3505 E-mail:sakurai**jsme.or.jp 
     **を@に変換してメールして下さい。