ユーザ用ツール

サイト用ツール


シュミットサイクル

Schmidt cycle

 スターリングエンジンの解析や初期設計に用いられるシュミット理論とは,膨張空間,圧縮空間などの各空間が1サイクル中,常に同一の温度に保たれ,しかもピストンの変位が正弦波状であると仮定した計算手法である.これらの仮定により,図示仕事(P-V線図の面積)を解析的に求めることができる.シュミット理論により求められる図示仕事は,エンジン内の熱損失が含まれないため,実際のエンジンの図示仕事よりも大きい値となる.