ユーザ用ツール

サイト用ツール


r-法

r adaptation method

 誤差評価に用いたオリジナルの要素分割の節点数,要素数を変えずに,各要素で評価した誤差が平滑化されるように各節点の位置(座標)を移動して解の精度を上げる方法.h-法,p-法に比べ,モデルのもつ誤差の絶対量を減らすことは難しいが,要素間の相対的な誤差を小さくすることができる.