ユーザ用ツール

サイト用ツール


アダプティブメッシュ改良法

adap-tive mesh refinement

 有限要素法,境界要素法,差分法などは,計算領域(境界領域)を細かな要素に分割して計算を行うが,要素分割の仕方で結果が異なる.近年数学的にも工学的にも進歩した誤差解析技法を用いて,推定した誤差を基により質の高い解を得るために要素分割を変更する方法をいう.適応要素分割という言葉も使われる.メッシュの改良法としてr-法,h-法,p-法が提唱されているが,初期メッシュ分割に依存する欠点を持つことから,推定誤差を基に再度,自動要素分割する方法も提案されている.