ユーザ用ツール

サイト用ツール


応力法

force method

 一般に弾性体の変形は,釣合い方程式,ひずみ-変位関係式,応力-ひずみ関係式,によって記述される.これらを解くために,応力法では,内力(応力)を未知変数として選び,釣合い方程式を完全に満足するような内力と外力の関係を第一義的な支配方程式とする.応力-ひずみ関係式を用いて応力場を変形場と関係づけ,さらに,ひずみ-変位関係を近似的に満足するように補仮想仕事の原理を適用することにより,応力に関する連立一次方程式(たわみ性方程式)を導出する.これに対し,変位法では,仮想仕事の原理を基本として変位を未知変数にとる.