ユーザ用ツール

サイト用ツール


極限圧縮性

limited compressibility

 質量保存則は連続の方程式として記述できる.状態方程式を用いて密度を圧力に変換する.わずかに圧縮性のある連続の方程式は\(\frac{1}{{{a^2}}}\frac{{\partial p}}{{\partial t}} + \nabla \cdot \upsilon = 0\)と表せる.この圧縮性効果をとり入れて非圧縮流体の緩和法へ応用するのが極限性圧縮性法である.ただし圧力pは密度ρで規格化されている.