ユーザ用ツール

サイト用ツール


最小ポテンシャルエネルギーの原理

principle of minimum potential energy

 仮想変位中のポテンシャルの変化が,与えられた荷重による仕事であるとしてポテンシャルエネルギーを定義し,このポテンシャルエネルギーと物体内にたくわえられたひずみエネルギーの和を全ポテンシャルとする.弾性体が平衡状態にあるとき,その全ポテンシャルが,最小であることを最小ポテンシャルエネルギーの原理という.この原理はひずみエネルギーが定義される場合,すなわち弾性体に対してのみ適用できる.