ユーザ用ツール

サイト用ツール


CPU

central processing unit

 中央処理装置.計算機の構成要素の中心部分.演算と論理のユニット(ALU)と制御ユニット(CU)を有する部分.命令を解読し,実行を制御する.大型計算機で集積回路によるCPUを最初に採用したのは1964年のIBMシステム360である.1チップでCPUを構成するマイクロプロセッサ(microprocessor unit, MPU)は1971年に,ビジコン社の嶋正利,INTELのTed HoffらによりINTELで開発された4bitの4004が最初である.従来,高性能計算機では高速動作が可能なバイポーラトランジスタを使用してCPUを作成することが行われていた.しかし近年,半導体の設計/製造技術の進歩により,CMOS(complementary MOS)トランジスタを使用したMPUは大幅に高速化し,PC(personal computer)やWS(work station)だけでなく,並列型のはん用大型計算機や超並列計算機にも使用されている.