ユーザ用ツール

サイト用ツール


次数低減積分

reduced integration

 有限要素法などで用いられる数値積分において,精度を確保するために必要な次数は,要素が用いている補間関数によって決まる.なかには意識的に必要とされる次数より少ない次数で積分して良い結果を得る場合がある.このような手法をいう.