ユーザ用ツール

サイト用ツール


条件数

condition number

 数値計算の出力に含まれる相対誤差の上限は,アルゴリズムの条件数をCA,問題の条件数をCP,入力データの相対誤差の上限をr,浮動小数点の丸めをuとすればCP(rCAu)である.行列Aの条件数\(\kappa \left( A \right) = \left\| {{A^{ - 1}}} \right\|\left\| A \right\|\)である.