ユーザ用ツール

サイト用ツール


選点法

collocation method

 重み付き残差法の一種である.重み関数としてデルタ関数を選ぶと,選点法となる.すなわちL(u)=fに対して\[\int {\delta \left( {x - {x_i}} \right)\left[ {L\left( u \right) - f} \right]d\it \Omega = \rm 0} \]と定式化される.ここでLは適切な微分演算子である.