ユーザ用ツール

サイト用ツール


反応モデル

reaction model

 化学反応を伴う現象を理論的に解析しようとするとき,対象とする系に必要な化学種とその化学種の変化様式を表す化学反応式(素反応式)およびその変化の早さを表す反応速度定数の組合せで,化学種αのモル濃度を\({C_\alpha }\left( {\alpha = 1,2, \cdots ,N} \right)\)とすると,反応は\[{\nu '_{1,l}}{C_1} + {\nu '_{2,l}}{C_2} + \cdots \to {\nu ''_{1,l}}{C_1} + {\nu ''_{1,l}}{C_2} + \cdots \left( {l = 1,2, \cdots ,L} \right)\]で表され,化学種αの生成速度は\[{\dot C_\alpha } = \sum\limits_{l = 1}^L {\left( {{\nu ''_{\alpha ,l}} - {\nu '_{\alpha ,l}}} \right){k_l}\prod\limits_{\beta = 1}^N {{{\left( {{C_\beta }} \right)}^{{{\nu '}_{\beta ,l}}}}} } \]となる.\({k_l}\)は反応lの反応速度定数,\({{\nu '_{\alpha ,l}}}\),\({{\nu ''_{\alpha ,l}}}\)は化学反応式lに含まれる化学種αの量論係数である.