ユーザ用ツール

サイト用ツール


ラジアルエッジデータ構造

radial edge data structure

 二多様体モデルでは,一つの稜線(りょうせん)は,その両側に必ず二つの面が接続していた.ところが,非多様体モデルでは,二つとは限らず,任意個の面が接続する.このような接続関係を表現する,非多様体モデルのためのデータ構造.