ユーザ用ツール

サイト用ツール


リッツ法

Ritz process

 変分原理によって記述される問題(例えば最小ポテンシャルエネルギーの原理など)において,近似解の形を既知の基底関数と未定係数との積和の形に仮定し,未定係数に関する汎関数の偏導関数を0とすることにより未定係数の値を定める解法.Rayleigh-Ritz法とも呼ばれる.