ユーザ用ツール

サイト用ツール


滑り説

sliding filament theory

 電子顕微鏡観察結果に基づいて,筋収縮は,筋を構成する2種の異なったフィラメント(ミオシン-およびアクチン-フィラメント)の相対的な滑りによって起こるとした説.1954年A.F. HuxleyおよびH.E. Huxleyによって独立に提案された.