ユーザ用ツール

サイト用ツール


生体反応

biological reaction

 材料と生体とが接触したとき起る反応で初期反応と長期反応に分けられる.初期反応とは血液中の赤血球が破壊して内部のヘモグロビンが細胞外に出る溶血や,発熱,炎症,アレルギー反応など材料の毒性に由来する反応と補体活性化,血栓形成,貪食反応,組織の機械的損傷等のいわゆる異物反応に分けられる.一方,長期反応にはしゅよう形成,催奇性が毒物反応としてあり,異物を線維性組織で被うカプセル化や石灰化のほかに組織が化学的刺激,力学的刺激を受けることに対する組織の過剰形成と吸収等は長期にわたる異物反応である.

1006798_01.jpg