ユーザ用ツール

サイト用ツール


超音波医学

medical ultrasonics

 超音波を診断・治療に利用した医療,またその基礎となる学問の総称.生体中において超音波は骨やガスを含む部分で完全反射されるため,心臓や乳房,胎児を含む腹部など適用部位は限定されるが,リアルタイム画像を手軽に描出でき,被ばくによる傷害の危険性がない,小型でベッドサイドでも利用でき特別な設備を要しないなどの利点から,心臓を主とする循環器や産婦人科領域などを中心に広く利用されている.診断では,圧電素子のアレイからできた超音波プローブと呼ばれる超音波の送受信器からメガヘルツ単位の超音波を生体中に放射,音響インピーダンスの不均一性に基づく組織内各所からの反射超音波,つまりエコーを送信と同じプローブでとらえ,エコー強度の時間変化や,その空間分布を表示し,関心領域の寸法や形状の計測,振幅や形態の観測結果から正常・異常の判定などを行う.測定・表示モードには,プローブ直下の深さ方向断面におけるエコー強度分布を与えるBモード,一点から放射された超音波のエコー強度を横軸に時間をとり表示したMモードのほか,A,C,F,Tモードなどがある.また,三次元計測の実用化も試みられている.治療への応用例としては,がんの温熱治療や結石破壊への応用など,レンズなどによる超音波の収束を利用したエネルギーの生体注入などが挙げられる.