ユーザ用ツール

サイト用ツール


レーザ凝固

laser coagulation

 レーザ照射によって生体組織を60℃以上に加熱し,タンパクの不可逆的熱変性を起こすこと.凝固によりコラーゲン繊維の長さは約3分の1に収縮し,周囲の組織収縮で直径1mmまでの血管断端からの出血に対して止血できる.凝固した細胞は死滅するので,がん組織などの壊死治療にも利用される.