ユーザ用ツール

サイト用ツール


乾留炉

pyrolysis furnace

 固体物質を熱分解させ,気体や油分を生成させ,残留物は炭素分(チャー)とする.プラスチックごみの処理の一つとして,約500℃で熱分解し,熱分解ガスは二次燃焼し,チャーはストーカで焼却処理している.このように乾留温度は,目的に応じ低温乾留(約500~600℃)と高温乾留(約1200~1300℃)とがある.