ユーザ用ツール

サイト用ツール


点音源

point source

 音源からの伝ぱ距離に対して無視しうる程度の寸法を有する音源を点音源という.通常,点音源から放射された音波は球面状に伝ぱし,その強さは音源からの距離の2乗に逆比例して減衰するが,これは次式のように定式化される.\[{L_p} = {L_w} + 10\log \left( {\frac{Q}{{4\pi {r^2}}}} \right) = {L_w} - 20\log r - 11 + 10\log Q\]ここに\({L_p}\)は音源からの距離rの点における音圧レベル,\({L_w}\)は音源の有するパワーレベルである.また,Qは音源の指向係数と呼ばれるもので,音源が自由空間に置かれた場合Q=1,半自由空間にある場合Q=2となる.