ユーザ用ツール

サイト用ツール


伝ぱ定数

sound propagation constant

 均質,等方性の無限媒質中を平面進行波が伝ぱするとき,伝ぱ方向をx方向にとれば任意点の音圧p(x)は次式で表される.\[p\left( x \right) = A \cdot \exp \left\{ {j\omega \left( {t - \frac{x}{c}} \right) - \alpha x} \right\} \equiv p\left( 0 \right) \cdot \exp \left( { - \gamma x} \right)\]ここにAは音圧振幅,ωは角周波数,cは音速を示し,また\(p\left( 0 \right) = A\exp \left( { - j\omega } \right)\)である.上式においてγは次式で与えられるもので伝ぱ定数と呼ばれている.\[\gamma = \alpha + j\beta \quad \left( {\beta = \omega /c} \right)\]伝ぱ定数γは媒質の特性で決まる定数であり,αは減衰定数,βは位相定数と呼ばれる.