ユーザ用ツール

サイト用ツール


固体ロケット

solid rocket

 固体推進薬をタンクと燃焼室を兼ねるケース内で燃焼し噴射ガスを得る方式.液体ロケットに比べて比推力は低いが簡単な構造のため安価であるが,ケースが高圧容器となるので重量の点で不利である.衛星を軌道上に移すアポジモータや,大推力を得やすい特徴から補助ロケットなどに採用される.推進薬には燃料としてポリウレタン系やポリブタジエン系の合成ゴムが使われ,酸化剤には粉状の過酸化アンモニウムが使われる.添加剤として燃焼ガス温度を高めるためアルミニウム粉末が燃料の一部として加えられる.ロケットケースの強度は燃焼圧力により決まるので,軽量化の観点からは燃焼圧力一定が望ましい.このためグレイン(タンク内の成形された推進剤)の燃焼面形状に工夫がなされる.