ユーザ用ツール

サイト用ツール


生産関数

production function

 労働Lと資本Kなどの生産要素の投入量と,それによって達成される最大産出量との間の技術的関係を示すもので,生産物をYとすると,生産関数はYf(K, L)で表される.ここで,生産関数の基本仮定は,①資本または労働投入が不変のとき,それに対応して労働または資本を増やすとそれだけ生産量も増加する,②資本と労働の技術的限界代替率(生産量を一定に保つとき,労働を追加的に1単位増加または減少させると,資本が対応して何単位減少または増加するかを示す指標)は逓減する,の2点である.生産関数の具体的な式がいくつか発表されており,生産関数で示される産出量の増大と技術進歩が,高い相関関係を持つことが知られている.