ユーザ用ツール

サイト用ツール


S-N曲線

S-N curve

 疲労破壊が起こる場合,応力振幅\({\sigma _a}\)(縦軸)と破断までの繰返し数\({N_f}\)(横軸)の関係は,通常,図のように\({\sigma _a}\)の減少に伴い\({N_f}\)が大となる右下がりの曲線となる.これをS-N曲線といい,鉄鋼材料では,ある応力レベル(疲労限度)で曲線が水平に折れ曲がる場合が多い.応力比\(R = {\sigma _{\min }}/{\sigma _{\max }}\)をパラメータとして表すこともあり,その場合縦軸には最大応力\({\sigma _{\max }}\)を用いる.ベーラー曲線S-N線図疲労強度[線]図とも呼ばれる.