ユーザ用ツール

サイト用ツール


延性破壊

ductile fracture

 固体に力が加わり,大きな塑性変形の後に破壊する場合を延性破壊という.破壊を引起こすき裂は安定で,外力を増加して変形を継続させない限り進展しない.したがって,構造設計に際して延性破壊が問題になることは少ないが,条件によってはき裂が安定的な進展から不安定な進展へと移行して破壊することがあり,延性不安定破壊と呼ばれている.実用材の延性破面には微小空洞(ボイド)が合体して形成されるディンプルと呼ばれるくぼみが観察され,その形状からその箇所における力の方向が判断できる.