ユーザ用ツール

サイト用ツール


応力増分

stress increment

 変形の各瞬間の応力の増し分.大変形解析あるいは弾塑性解析は一般に増分的数値解析によるので,構成式も応力増分とひずみ増分の間の関係式として与える.ただし,剛体回転の影響を受けないという客観性を持つように定義される.粘性を問題にするときは,応力速度\({\dot \sigma _{ij}}\)を用いる.\(d{\sigma _{ij}} = {\dot \sigma _{ij}}dt\),dt=時間増分.【客観性の原理