ユーザ用ツール

サイト用ツール


応力-ひずみ(線)図

stress-strain diagram

 材料の引張り試験および圧縮試験において,軸方向の応力とひずみを測定し,応力を縦軸
に,ひずみを横軸にとって表した曲線.材料の降伏および塑性変形挙動を表す最も基本的な表示方法.引張および圧縮試験における荷重-変形(線)図または荷重-変形曲線から求めるが,応力とひずみの計算方法によって公称応力-公称ひずみ線図と真応力-対数ひずみ線図がある.公称応力は荷重を初期断面積で割ったもの,公称ひずみは伸びを初期長さで割ったものである.引張試験の最大荷重から求められる公称応力は引張強さとして設計において用いられる.真応力は荷重をその時点における断面積で割ったもの,対数ひずみは変形前後の長さの比(変形後長さ/初期長さ)の自然対数をとったものであり,大変形における加工硬化特性を表すものとして,塑性加工の解析などに用いられる.【加工硬化

1001471_01.jpg