ユーザ用ツール

サイト用ツール


遅れ破壊

delayed fracture

 荷重(外力あるいは残留応力)負荷後に部材がただちに破壊するのではなく,ある時間経過後に突然破断する時間依存型の破壊現象.したがって,設計目的には,負荷応力と破断に至るまでの時間をプロットしたσ-t曲線として整理されたデータを基に,その挙動を議論する必要がある.この現象は,金属材料ではステンレス鋼の応力腐食割れ(SCC),高張力鋼の水素脆化割れ(HE)として,またセラミックスではガラスの静疲労などとしてその存在が認識され,破壊を引起こす機構において環境中の腐食因子が重要な役割を果たしている.