ユーザ用ツール

サイト用ツール


切欠寸法効果

size effect of notch

 切欠を持つ相似形の部材に外力が負荷された場合,両者の最大応力値は同じであっても,小さい部材ほど強度は高くなる.これを切欠による寸法効果と呼ぶ.この原因としては部材寸法が小さいほど内部方向への応力の減少程度(応力こう配)が大きくなることと,大きな欠陥の存在する確率が低いことがあげられる.