ユーザ用ツール

サイト用ツール


き裂進展評価曲線

crack growth evaluation curve

 疲労破壊,クリープ破断,応力腐食割れ等に先だつき裂進展挙動については,応力拡大係数とき裂進展速度の関係を定式化する評価法が普及している.特に疲労き裂進展の第2段階ではda/dN=C(ΔK)mなるパリス則が成立し,き裂進展下限界値とともにき裂材の安全性評価の基礎を与える.