ユーザ用ツール

サイト用ツール


限界荷重

critical load

 破壊に限らず,座屈や塑性崩壊を対象として,不安定破壊または変形の限界の負荷を限界荷重あるいは限界応力という.破壊力学では,応力拡大係数K=破壊靭性Kcの破壊クライテリオンを,\(K = M\sigma \sqrt {\pi a} \)を用いて書直し,限界応力σcを次式で表示する.\[{\sigma _c} = \frac{{{K_c}}}{{M\sqrt {\pi a} }}\]ここで,Mは補正係数,aはき裂長さである.上式は圧力容器の耐圧試験などにおいて,欠陥が非破壊試験によって検出され,寸法が既知である場合,圧力容器が耐えうる限界の応力を示す.これを限界応力あるいは限界破壊応力という.限界応力に対応する用語が,限界き裂長さである.