ユーザ用ツール

サイト用ツール


限界き裂長さ

critical crack length

 破壊力学では,応力拡大係数K=破壊靭性Kcの破壊クライテリオンを,\(K = M\sigma \sqrt {\pi a} \)を用いて書直し,限界き裂長さacを次式で表示する.\[{a_c} = \frac{1}{{\pi {M^2}}}{\left( {\frac{{{K_c}}}{\sigma }} \right)^2}\]ここで,Mは補正係数,σは負荷応力である.上式は機器が一定の負荷応力σで供用される場合,供用中に許容される限界のき裂長さを示す.通常は,変動応力によって時間依存形のき裂進展が生じ,その打切りが最大応力に対応する限界き裂長さとなる.三次元き裂の場合には,上記のaはき裂深さとなるから,限界き裂深さあるいは限界き裂寸法ともいう.限界き裂長さに対応する用語が,限界応力である.