ユーザ用ツール

サイト用ツール


格子線法

grid method

 塑性流動する材料のひずみ分布,高温における部材のひずみ分布など,大きい変形を伴う材料,素材のひずみ状態を記述するために,変形前の材料に直交格子を直接にけがいたり,モアレフィルムを用いて焼付けたり,あるいは直交格子を有する金属フィルムを固着し,その塑性流動/クリープ変形などに伴う格子線の変化を追跡することによって,対象とする材料のひずみ履歴を解析する方法をいう.近年,画像処理手法の発達により,格子線を直接画像処理することも可能となり,有限要素法などによる非弾性解析結果を実験的に検証する実験解析手法となっている.