ユーザ用ツール

サイト用ツール


コフィン・マンソン則

Coffin-Manson law

 マンソン・コフィン則ともいう.材料に繰返し負荷が作用して生じる疲労現象は,おおむね105サイクルを目安に高サイクル疲労と低サイクル疲労に大別される.コフィン・マンソン則は,塑性変形を伴う低サイクル疲労に対応し,破断繰返し数Nf,塑性ひずみ範囲Δεpの関係を,\(\Delta {\varepsilon _p} \cdot {({N_f})^\alpha } = C\)として関連づける.αは多くの金属で0.5~0.6であり,Cは材料定数であり,破断延性に比例する.