ユーザ用ツール

サイト用ツール


コンプライアンス法

compliance method

 き裂のある試験片において,変位と荷重Pの比(ばね定数の逆数)をコンプライアンスという.き裂(長さa)が直進するときのエネルギー解放率gとコンプライアンスCの変化dC/da,応力拡大係数KIとの間には次のような関係がある.\[g = \frac{1}{{2B}}{P^2}\frac{{dC}}{{da}} = \frac{{k + 1}}{{8G}}K_1^2\]ここに,B:板厚,k:ポアソン比の関数,G:横弾性係数.よって,コンプライアンスがき裂長さの関数として決まるならば,それよりエネルギー解放率あるいは応力拡大係数を求めることができる.【除荷弾性コンプライアンス法