ユーザ用ツール

サイト用ツール


時間依存型破壊

time dependent fracture

 現象が時間に強く依存する破壊形態を総称して呼ぶ.具体的には種々の破壊があり得るが,代表的な破壊としてクリープ破壊,環境助長割れ(応力腐食割れ,水素誘起割れ,腐食疲労などを含む)が挙げられる.時間依存の内容としては,変形,き裂発生,伝ぱなどであるが,その物理的内容としては拡散,酸化,溶解などが挙げられ,る.理論的取扱いとしては連続体力学的取扱いと核生成論や熱活性化過程の速度過程論的取扱いがあるが,機構解明には温度依存性から得られる活性化エネルギーの評価が有効である場合がある.