ユーザ用ツール

サイト用ツール


塑性断面係数

plastic section modulus

 はりの全塑性曲げモーメントMpと降伏応力σyとの間には,MpσyZpの関係がある.このZpを塑性断面係数といい,ZpAe/2である.ここで,Aははりの横断面積,eは中立軸によって二分された上下断面の図心間の距離である.曲げモーメントMが小さいとき,はりは弾性状態にあり,最大縁応力σmaxM/ZZ:断面係数)である.Mが増加するとσmaxσyに達し,さらにMが増加すると断面全体が降伏する.このときのMMpであり,はりはそれ以上の荷重を負担できずに塑性崩壊を起こす.