ユーザ用ツール

サイト用ツール


塑性類似

plastic analogy

 クリープ変形の解析において,クリープ速度\({\dot \varepsilon ^c}\)の応力依存性が,kおよびnを材料定数として\({\dot \varepsilon ^c} = k{\sigma ^n}\)と表される場合について考える.このとき,nの値が増加すると,クリープ変形挙動は,指数nが無限大の場合に対応する剛塑性体の変形挙動に近づく.このことを利用して,剛塑性体の解析結果を用いて,クリープ問題の近似解を求める方法を,塑性類似という.